ザギンでヒゲ脱毛なんて贅沢すぎるという連中がいたら、全員にビンタしてやりたい

自分の毛が、人より濃くて多いことに気が付いたのは小学校高学年の頃。
私の住んでいた田舎の町でも、大体その時期から異性を意識したり、自分の見た目に注意を払い始める子が多かったです。私はそう意識するのは遅い方でしたが、それでも周りの友達から「毛が多いね」といわれると意識せずにはいられませんでした。

そして中学生になり、本格的に、人より濃い腕毛や脚毛が気になるようになり、かみそりで脱毛を始めました。現在のような質のいいシェーバーもないし、お金もなかったので、安いかみそりを使っていました。

高校生・大学生になっても脱毛方法は基本的に変化なし。今から思えば、大学時代には脱毛サロンの利用などもできたと思うけど、情報収集もしていなかったし、存在自体知らなかったです。

男性とお付き合いし始めると、よりムダ毛が気になるようになりました。かみそりで剃っただけだと翌日にはもうチクチク生えてくるのです。夜にお風呂で脱毛しても次の日のお昼には生えてきたりするので、脱毛は朝にシャワーを浴びて行うなどしていました。お付き合いしていた男性に直接「ちくちくしてるね」といわれたことも。本当に恥ずかしかった。

春・秋冬は長袖と長ズボンで隠せばそれほど気にならないのですが、夏になると、毛が濃いということでとても気が重くなります。脇・腕・足・太もも・背中も。若いしいろいろなおしゃれもしたかったのですが、肌の露出が多い洋服を着るときには、朝の前身チェックは欠かせず、日中もそり残しはないかな?と気になっていました。

社会人になり、結婚後にようやく脱毛サロンに通うようになりました。基本的に何事も慎重な性格と、お金を使うことに抵抗があったので、ここまで遅くなったのです。

今も脱毛サロンに通い続けていますが、少しづつ毛の質が変わってきたように思います。生えなくなったわけではないけれど、生えるのが遅くなり、毛が細くなっています。毛が生えていても産毛程度に薄い場所もあるので、そのまま外出しても気にならない日もあります。

自分の子供がもし毛深いことで悩んでたら、お金を工面して、脱毛の援助をしようと思っています。そして旦那さんはヒゲが濃いので、銀座でヒゲ脱毛を勧めたいと思います。https://xn--18j3c808pjbljfzwyv.com/

カテゴリー: 未分類 パーマリンク